元祖かも?ご当地マンホール【EXPO’70】バージョンを万博記念公園で発見!


マニアが急増中の「ご当地デザインマンホール」。
吹田市のマンホールのデザインは大阪を象徴する「太陽の塔」が中心に描かれたとてもかっこいいデザイン!
デザインマンホール
吹田のご当地マンホールについての記事はこちらをご覧ください⇒「吹田市のマンホールのデザインはあの建造物!

このようなご当地の名物などをデザインしたマンホールの蓋は平成に入ってから続々と登場してきて、今ではほとんどの自治体がこういった「デザインマンホール」を取り入れています。蓋デザイン収集のマニアの方も多く、数々のサイトや出版物が出ています。

誰もが知ってる「太陽の塔」がデザインされた、吹田市のデザインは自慢のマンホールですよね。実は、もう1種類、ある所限定で使われているマンホールの蓋がとてもレアでこれまた自慢できるマンホールデザインなんです!

ある場所とは、万博記念公園です。
太陽の塔

太陽の塔の南側、チューリップの花園の辺りで見つけたマンホールがこれ↓
エキスポマンホール

中心部分よく見てみると・・・
シンボル
中心部に描かれているモチーフ、見たことありますよね!?
日本中が沸いたあの「EXPO’70」のシンボルマークが描かれています!

この万博記念公園は1970年に万国博覧会(EXPO’70)が開催された場所。エクスポ70
(*万博記念公園HPより画像引用)

このEXPO’70のシンボルマークは「桜」をモチーフにしたデザイン。
シンボル
(*EXPO’70パビリオンHPより画像引用)

マンホール蓋の中心にもこのマークが描かれています!

万博記念公園内の一部のマンホールの蓋は、EXPO’70が開催された時に設置された万博バージョンのマンホールデザイン。今も残されているんですね!

平成に入ってから、流行してきたと言われる「ご当地デザインマンホール」。1970年に作られたこの「EXPOデザイン蓋」がもしかしたら<元祖>なのもしれませんね♪

万博記念公園はこちら↓

吹田市千里万博公園1-1

(あやさく)


2015/09/05
ページの上へ