【お腹が吹田~♪】阪急千里線関大前駅周辺のラーメン激戦区を攻めるpart.2【油そば きりん寺】

2015/09/06 11時00分

ラーメン好きにはたまらない<ラーメン激戦区>阪急関西大学前。駅から関西大学正門までの200mくらいの区間に10店舗以上のラーメンさんが存在します。前回紹介しました【麺や心】さんに続いて第2弾!今回は【油そば きりん寺】さんに行ってみました!
(【麺や心】さんの記事はこちら⇒【お腹が吹田~♪】阪急千里線関西大学前のラーメン激戦区を攻めるpart.1「麺や心」

関大前駅から関大へ向かうメインストリートのだいぶ関大よりのところに店があります。【きりん寺】の外観↓
外観
人気店のようで、学生が昼休みになる時間には行列ができています!12時前でこの行列・・・覚悟して列に並んでみました。

店頭の看板。「油そば」知ってます?自分は食べたことない種類です。初体験!
看板
油で揚げる?油につける?油を混ぜる?なんだか、テカテカしたものを想像しがちですが・・・。そのイメージは全く違いました!どんなラーメンかは後でご紹介~

学生さんは500円と言う事でかなりのリーズナブル価格にも驚きますが、その横のコメント「大盛りタダ」!?食べざかりでもお金がない学生さんに嬉しいサービスですよね~
さらに一番下の「TKG食べ放題 150円」と言うのも気になります。「TKG」??なんだ??
やっと店内、と思ったら店内にも待合イスが用意され10名ほどのお客さんが席が空くのを待っていました。これだけの行列、うまいに違いない!期待がどんどん高まります♪
店内に入ると、食券販売機が。関大前のラーメン店の多くは食券を先に買い求める形式ですね。
販売機
メニューはいたってシンプル!「油そば」一本!
学生街なので、学生さんには大サービスしています♪大盛り無料は学生だけでなく一般の方も出来ます。
なぞの「TKG食べ放題」の謎も、このメニュー見て解けました~。「たまごかけごはん食べ放題」と言う事なんですね!え?でもそれが食べ放題で150円って安いですよね~。

食券を買って、店内で待ちます。店内はカウンター席だけです。
店内スゴイ待つかと覚悟していましたが、意外と早く席につけました!ホール担当のおかみさん?がお客さんを上手に切り盛りしてて、並んでいるうちから順番に注文を聞いてタイミングを見計らって厨房に通すので座ればすぐにラーメンが到着!するくらいスムーズに流れていました。

未知の世界の「油そば」、どんなラーメンか卓上に説明が書いてありました。
油そばとは
「ゆでたての麺を油にからめて食べる東京名物」・・・そうだったんですね。東京名物なら、関西にはなじみが薄いのも納得です。
「カロリー、塩分ともに普通のラーメンよりもかなり低い」・・・スープがない分、かなりヘルシーなんですね!「油」名前につくから高カロリーな感じですが、真逆でした(笑)これは、女子にもウケそうです♪

そうこうしてる間に、あっという間にラーメン到着!
これが「油そば」↓
あぶらそば
注文したのは「半熟卵油そば 大盛り」です。
ちなみに、大盛りと普通の差はこんな感じ↓
大盛り比較左が普通の「油そば」です。右が大盛り、このボリューム~!

さて、「油そば」はスープがありません・・・。どうやって食べるのか?
カウンターには美味しい食べ方が紹介されていました♪
食べ方
ポイントは
「熱いうちにお酢とラ-油を回しかけてタレとよーく混ぜて食べる」
というところ。麺の底に濃厚秘伝のタレが入っていました。ここに書いてある通り、メンマもチャーシューも一緒によーく混ぜてからいよいよ実食♪

旨い~♪太麺とタレの風味がたまらない!
酢を混ぜるので、後味さっぱりでいくらでもイケそうです。半熟卵がよりマイルドな風味にしてくれています。メンマなど具材も相性抜群!きざみ海苔が効いてます。食べ方の説明に書いてあるように、たっぷりかけたラ-油の辛さはあまり感じません。辛みが欲しい時は、途中で追加できていろんな味が楽しめるのもいいですね!
ラーメンと言うより中華焼きそばに近い?太麺は食べ応えがあり、大盛りにしなくてもボリューム満点です。

「3回食べたらやみつきです」と書いてありますが・・・
1回食べただけですでにやみつき状態になってしまう【きりん寺】の「油そば」、<油そば初体験>するには超オススメです♪

まだまだ気になるラーメン屋さんが目白押しの「関大前ラーメン激戦区」。
さぁ、次はどこの店に行こうかな~♪

油そば きりん寺
営業時間:11:00~21:00(日曜営業)
連絡先:06-6330-5538
住所:吹田市千里山東1-14-23
[map]吹田市千里山東1-14-23[/map]
(あやさく)

 

ジモネタ吹田

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

今月の運勢

ページの上へ