自然のイルミネーションを満喫~♪【万博記念公園 螢の夕べ】で癒やしのひとときを過ごせます!

2015/05/29 11時00分

先日この号がネット吹田でご案内しました【万博記念公園 螢の夕べ】早速、自然のイルミネーションを見学に行ってきました~♪
ホタルの撮影は禁止されていますので(淡いホタルの光はかなりの高感度カメラでないと撮れないと思います(笑))、会場の雰囲気を中心にレポートします。

<会場の自然文化園内の様子>
自然文化園
ホタルが飛び始めるピークの時間が20:00頃というこで、7時半くらいに会場に。車で行かれる方、駐車場は日本庭園近くの「日本庭園前駐車場」がオススメです。ホタルの夕べ開催中は、17:30以降入庫の場合は駐車料金が通常の半額になります(平日800円→400円 土日1200円→600円)。
公園の他の施設は終了していますが、この自然文化園内の休憩所は照明も付いて明るくなっています。

休憩所の前では、ガイドボランティアの方がホタルの一生についての講座を随時開催。
螢の一生
これが、とてもわかりやすい講座で、ホタルと知識がほんの5分程度の講座を聞くだけで倍増!この講座を聞いてからホタルの見学に行った方が、よりホタル鑑賞が楽しめると思います♪

<図解:ホタルの一生>
ホタルの一生看板
*講座内容のポイント*
●ホタルが光る=「婚活」(メスを呼び寄せている)
●ホタルの男女比 6:1 
●圧倒的にオスの数が多く、婚活が実らなかったオスは「独身」のまま一生を終える
●幼虫から成虫になるまで約1年かかる。成虫になってからは1週間の命。
●ホタルの種類は多いが、すべてのホタルが発光するわけでない。ごく一部の種類のホタルが発光できる
●幼虫期の天敵→ザリガニ・小魚
●成虫期の天敵→くも
●万博公園自然文化園に流れている川の水は「井戸水」を使用していて、ホタルが好む清流に近い水質である
●ホタルの幼虫のえさは「カワニナ」という巻貝。この身を溶かして食す。成虫は1週間水だけでえさは食べない
「カワニナ」はこれ↓
カワニナ
2cmくらいの貝で、万博公園ではこの貝の飼育にも力を入れている

●万博公園のホタルの種類は「ゲンジボタル」と「ヘイケボタル」
源氏・平家ホタル
●見分け方→発光の間隔と飛び方い
 ゲンジボタル・・・明るく長く光る。フラフラと飛ぶ
 ヘイケボタル・・・淡い光、短時間に点滅する。真っ直ぐ飛ぶ
●男女の見分け方
 オス・・・光りながら飛ぶ
 メス・・・動かない

また、日本庭園の模型を使って、見学コースの説明とどこに沢山ホタルがいるかを教えてくれるガイドさんもいます。 KIMG9335
そんなこんなで、ホタル出没ピーク時間の20:00近くになったので、見学に向けて、いざ出発!
これだけホタルの知識を詰め込んだ後なので、早くホタルを見たい気持ちでいっぱいです!ゲンジなのかヘイケなのか、オスなのかメスなのか、教えてもらった知識を早速活用してみたくなります~

入り口
ホタルの観賞順路は、このように暗闇です(笑)暗くないと、ホタルが見えません。
鑑賞スポットまでは、道の脇にこのような↓行燈がところどころに配置されています。
行燈
人口の強い光を見てしまうと、その後にホタルの淡い光を認識できにくくなります。なので、行燈は必要最低限しか配置されていません。小さいお子さんは迷子にならないようにしっかり手をつないだ方がいいですよ~。

入口付近は暗闇でしたが、少し歩くと目が慣れてきて周りが見えてきますのでご安心を。
自然文化園には小川が流れていて、川に近付ける場所が鑑賞ポイントになっています。入り口入ってすぐのところに早速第一鑑賞ポイントがあります。鑑賞ポイントは園内の水場に沿って何カ所もあります。鑑賞順路はホタルを鑑賞しながらだと小一時間かかります。

第一鑑賞ポイントからホタルを見る事ができました!ゲンジとヘイケの違い、オスとメスの違いもわかりました!場所によっては、すごく近くにホタルを見る事も出来ます。頭の上を飛んでくホタルも!
特に、印象的だったのは、鑑賞コースの真ん中あたりの「滝」がある池の付近。暗闇に、滝の音が響き、うっすらとその姿もみえます。その滝を背景に飛んでいく無数のホタルの光・・・、幻想的です。日本画にありそうな風景♪

鑑賞コース最初から最後までホタルの姿を見る事が出来て、来場者の方々はみなさん大満足のようでした!
万博記念公園ホームページにはホタルの発生状況が日別に報告されています(こちら⇒万博公園ホタル発生状況)が、感覚的にはこの数字よりずっと多く感じられました~

たくさん歩いて、感動して・・・、鑑賞の後は小腹がすくかも。でも、大丈夫!日本庭園内の「中央休憩所内の売店」と、日本庭園前ゲート入場してすぐ右手にある「REST HOUSE ROSE PARK」の2店舗がこの日は延長営業していました。
<日本庭園内売店>
日本庭園売店
うどんやカレーなど軽食も。
よく冷えた飲み物も販売中~
ドリンク

「REST HOUSE ROSE PARK」の前には軽食ワゴンが出ていました。
軽食ワゴン
天候や平日は営業してない事も・・・。売店の営業については万博公園にお問い合わせください→06-6877-7387 万博記念公園総合案内所

ホタルの発生するのは、5月末から6月上旬。この時期にしか見る事ができない自然のイルミネーション、整備された見学コースで安全に鑑賞できる万博記念公園の【螢の夕べ】、6月7日まで開催中です!老若男女、皆が笑顔になる螢観賞、ぜひご家族で!

万博記念公園 螢の夕べ
日・・・5月23日(土)~6月7日(日)
場所・・・日本庭園 西地区
問合せ・・・06-6877-7387 万博記念公園総合案内所
駐車場・・・日本庭園・中央駐車場を利用(17時以降入庫は通常料金の半額平日400円/土日600円)
入園料・・・大人250円 小中学生70円
*荒天中止
*雨天の開催確認は当日15時以降にこちらで確認→万博記念公園HP
*5/27、6/3は休園日
*21:30まで開園時間延長(日本庭園西地区のみ)
*カメラ・ビデオ・携帯電話での撮影は禁止
*ホタルの捕獲禁止

<関連イベント>
★EXPOアーティスト 夕暮れコンサート
日・・・5/30(土)、5/31(日)、6/6(土)
時間・・・17:30~18:30
場所・・・日本庭園中央休憩所
*出演者など詳細はこちらをご覧ください→「万博公園イベントアーティストスケジュール

★大道芸パフォーマー
期間中、日替わりで大道芸人が登場!
場所・・・日本庭園前ゲート付近もしくは日本庭園正門
*出演者など詳細はこちらをご覧ください→「万博公園イベントパフォーマンススケジュール

万博記念公園はこちら↓
[map]吹田市千里万博公園1-1[/map]
(あやさく)

 

ジモネタ吹田
号外NET他の地域

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ