【吹田市】コーナン全焼の原因はまさかのアレ!みなさん適切に処理できていますか??出火の恐れがあるなんて…

2018/12/01 08時00分

先日11月28日に発生した、ホームセンターの「コーナン千里山田店」における大規模火災。およそ10時間にわたり燃え続け二階建ての建物がほぼ全焼したものの、開店前だったこともあり怪我人はおらず不幸中の幸いでした。。

コーナン千里山田店

報道によると店舗内の棚に置かれた、廃棄前のボタン電池から出火した可能性が高いとわかったようです!!

防犯カメラには1階のサービスカウンター近くの棚に置かれたポリ袋から火花が散り、火が広がってゆく様子がうつっていたみたいです!ビニール袋の中には防犯用のタグから取り出した複数の使用済みボタン電池がまとめて入っていたとのこと。。

ボタン電池

それにしても、ボタン電池をまとめて袋に入れておくだけで約3,000平方メートルが全焼するほどの火が発火するとは!!驚きとともに恐怖をおぼえますよね。。皆様のご自宅では使用済みの電池、どのように保管されているでしょうか??

ボタン電池だけではなく、電池の+と-の電極が触れ合っていると発火する恐れがあるそうです!そのため、使用済みの電池を保管する際の正しい取り扱いとしては…

電池の全ての電極にセロハンテープやビニールフィルムを貼り付け、絶縁する。

だそうです!!

聞いて驚いた方も少なくないのではないでしょうか!?テープを貼らずにまとめて袋に入れているご家庭もきっとあるはず!!そうゆう私もまとめて袋派。。一般家庭でも起こりうる今回の発火火災事故。

これから乾燥する季節が始まりますので、火災には本当に気をつけましょうね!!

ホームセンター コーナン千里山田店はこちら!

 

(sakurasaku)

ページの上へ