【吹田】いよいよ今週土曜、市立吹田サッカースタジアムでJ1初の大阪ダービー!!記念すべき戦いの後には記念すべき映像体験が!

LINEで送る

今週土曜29日は市立吹田サッカースタジアム初の大阪ダービー<ガンバ大阪vsセレッソ大阪>の試合がナイターで開催されます!
前売り券は完売、盛り上がること間違えなし!ブルーとピンクの染まった超満員の市立吹田サッカースタジアムの光景・・・、感動的だろうな~
スタジアム
そんな記念すべき試合を更に盛り上げる特別イベントがこの日の試合後に行われるそうです♪
Yahoo!ニュースによりますと・・・

ガンバ大阪は24日、今月29日に市立吹田サッカースタジアムにて開催される明治安田生命J1リーグ第19節セレッソ大阪戦の試合終了後、「大阪ダービー プロジェクションナイト」を実施すると発表した。
 同イベントは「サッカーフィールドへのプロジェクションマッピング」で、パナソニック株式会社のサポートの下、大規模プロジェクションマッピング技術と超高輝度レーザー光源プロジェクターを使用。「瞬時に照射輝度を変えることができる最新鋭のLED投光器を備えた吹田スタジアムならではのイベントとなります」と紹介されている。
~中略~
「前回、3/11(土)FC東京戦にて吹田スタジアムで実施されたJリーグ初のフィールドプロジェクションマッピングでは、従来のゲームを見る・観戦する場としてのスタジアム体験を超えた、質の高い感動や興奮をガンバ大阪のサポーターの皆様と共有いたしました。パナソニック様はリオオリンピック・パラリンピックの開閉会式でのスタジアム演出を手掛けた実績があり、今回も大規模映像演出ソリューション技術を駆使することで、サポーターとスタジアムがひとつになる新しいマッピング・ライブショーをご覧いただきます。また、ショーの最後に打ち出される『キャノン砲テープ』は選手サイン入りオリジナルテープになります」
「今回の『大阪ダービー プロジェクションナイト』でのプロジェクションマッピングには、最新鋭の超高輝度プロジェクター『PT-RZ31K〔輝度(センター):31,000ルーメン〕』を合計15台使用し、約3700平方メートルという広大な敷地へ高輝度・高解像度でのマッピングを実現するとともに、音と光による演出、さらにはチアリーダーによるパフォーマンスも加わり、映像・音・光を一体化したスタジアム総合演出となります」
 ホームでの大阪ダービーに臨むG大阪。首位を走るC大阪を相手に勝利を収め、イベントを盛り上げることができるだろうか。

(*Yahoo!ニュースより引用)
待ってました!「Jリーグ初のフィールドプロジェクションマッピング」、待望の第二回目の開催です。
マッピング
↑前回の様子
広いフィールド一面をスクリーンにして最新の映像技術を駆使したマッピング、3月にはじめて開催された時は実際に会場で体感しめちゃめちゃ感動しました。
計算しつくされた映像と音楽、その迫力にそこがサッカー場だということを忘れてしまいます。今回は<大阪ダービー>バージョンの映像のようなので、どんな内容の映像なのか超楽しみっ!

★前回3月に行われたフィールドプロジェクションマッピングの様子はこちらの記事をご覧ください
Jリーグ初!<フィールドプロジェクションマッピング>を市立吹田サッカースタジアムで体感してきました!

前回は芝生の上に映像を映し出すのではなく、白いシートでフィールドを覆い、そこに映像を映し出していました。白いシートの上のほうが映像がクリアになるのでしょう。
ただこのシート敷、実は人力での作業。かなり大変そうな作業のようで、試合後すぐスタートではなく準備時間が結構かかり妙な「間」が空いてしまいました。ここがもう少し改善されたらなーと。
準備

試合結果に関係なく、試合後に開催。ぜひガンバの勝利で気持ちよくこのマッピングを体感したい!
大阪ダービー観戦予定の皆さん、ぜひ最後まで残って最新技術を駆使した映像世界を満喫してみてください♪

前売り券は完売ということなので、吹田まつり前夜祭に参加で観戦に行けない自分は誰かがYouTubeに動画をアップしてくれるのを楽しみにしま~す。

ガンバ大阪のホームページにもこのイベントの詳細が掲載されています。詳しくはこちら⇒ガンバ大阪HP
告知
(*ガンバ大阪HPより画像引用)

市立吹田サッカースタジアム】はこちら↓

吹田市千里万博公園3-3

(あやさく) 

 

LINEで送る

ページの上へ