頭上注意!!大阪モノレールの車両から部品が落下していたそうです

LINEで送る

吹田市内も通過する大阪モノレール。話題のスポットEXPOCITY市立吹田サッカースタジアムの最寄り駅でもあり、最近、利用者が急増。
車両
大阪モノレールは高架式の1本の線路の上を走る「跨座式」のモノレール。山田駅の付近は特に高架が高い位置にあったりするので、高所恐怖症の自分は1本線路が怖く、バランス崩して脱線するんじゃ・・・といつも手に汗握りながら乗っています。

この高架式のモノレールから部品が落下した可能性があるそうです。
Yahoo!ニュースによりますと・・・

大阪モノレール、車両の部品が一部脱落

大阪モノレールを運営する大阪府の第三セクター・大阪高速鉄道は4月12日、車両の部品が一部脱落したと発表した。脱落による被害は確認されていない。
大阪高速鉄道の発表などによると、部品が脱落したのは1000系電車の第21編成(4両)。
4月12日に点検を行った際、1221号と1621号の計2両で、集電装置に付属する集電スリ板の一部とスリ板を取り付けているボルトが脱落しているのが確認された。脱落した部品は見つかっていない。
4月6日の検査では異常がなく、7日から12日までの間に脱落したと見られる。
これを受けて大阪高速鉄道は全ての車両の緊急点検を行ったが、他の編成では部品の脱落はなかったという。

(*Yahoo!ニュースより引用)
部品が欠落していたのは2両だけ、春休み最後の週末、多くの方が利用してこのモノレールに必要以上に負荷がかかったのでしょうか?
大阪モノレールのホームページには部品の画像も公開されています。

写真
①=縦:約 5cm、横:約 4cm、高さ:約 0.1~1.2cm、 重さ:約 150g
②=縦:約 2cm、横:約 1cm、高さ:約 0.1cm、重さ:約 2g
とスリ板を取付 けているボルト

(*大阪モノレールHPより画像引用)
落ちた部品はそれほど大きいものではないようですが、高い位置から落ちると小さい部品でも凶器になります。
頭上を通過することもあるモノレール、再発防止に全力をつくしてもらいたいです。

★事故の経緯などの詳細はこちらをご覧ください⇒大阪モノレールHP(PDF)
(あやさく)


LINEで送る

 
ページの上へ