おおさか東線『西吹田駅』の駅舎デザインが発表になりました!「神崎川」をイメージした美しいデザインですよ~

LINEで送る

吹田市内に新しい駅ができるって知ってます?ただいま2019年開業を目指して工事中の「おおさか東線」、その路線の駅が1つ、吹田市内にできます。
路線図
(*大阪外環状線鉄道㈱HPより画像引用)
吹田市内にできるのは『西吹田駅(仮称)』という駅です。この駅舎建設予定地、ただいま工事中、建物らしきものはまだ何もできていません。
現場
↓駅に上る階段の枠組のみできています。
現場3
いったいどんな駅になるのか気になります。
そんな『西吹田駅』の駅舎デザインのコンセプトが公表されました!
Yahoo!ニュースによりますと・・・

おおさか東線は、新大阪~久宝寺間を結ぶ鉄道路線。おおさか東線、北区間4駅は「歴史」と「つながり」 2019年春開業
おおさか東線の北区間は2019年春の開業を目指して工事が進められている。 JR西日本と大阪外環状鉄道の2社は9月26日、おおさか東線の北区間に設置する新駅の概要を発表した。「地域が刻んできた歴史と、暮らす人々のつながりを感じる駅」を北区間全体のデザインコンセプトとし、2019年春の開業を目指す。
~中略~
2社が今回発表したのは、北区間のうち他のJR線との接続がない西吹田(大阪府吹田市)・淡路(大阪市東淀川区)・都島(旭区)・野江(城東区)の4駅の概要(駅名は仮称)。いずれも高架橋の下に駅舎を設け、高架上のホームは8両編成に対応した相対式2面2線とする。 エレベーターは各ホームに1基、エスカレーターは各ホームに上り1基と下り1基を設ける。
各駅ごとのデザインコンセプトは、西吹田駅が「神崎川と水路の風景」、淡路駅が「菅原道真と淡路」、都島駅が「淀川の渡し舟」、野江駅が「榎並猿楽」となる。 このほか、既に開業している南区間のJR長瀬~新加美間でも「モノづくりが紡ぐ歴史とまち」をデザインコンセプトとした新駅が工事中で、2018年春の開業を予定している。

(*Yahoo!ニュースより引用)
今回発表になった4つの新駅はそれぞれ地元の歴史や名所などをデザインコンセプトにしているそうです。吹田市は、大阪市と吹田市の境界線を流れる「神崎川」をコンセプトテーマに取り入れているそうです。完成予想図はこんな感じ↓
予想図
(*JR西日本HPより画像引用)
一部ガラス張りになっているようですね。カッコいい~♪駅前にはひろいロータリーが作られるようです。完成が待ち遠しいですね!

駅舎はこれから建設がスタートしますが、線路は完成間近です。神崎川を渡る船もほぼ完成しています。
橋
茶色の鉄骨を使ったかっこいい鉄橋です!
外観
静かな流れの神崎川に鉄橋の姿が映し出されとてももキレイです。

この鉄橋に電車が通るのは3年後、2019年。さらに便利になりますね!

★「おおさか東線」についての詳細はこちらをご覧ください⇒大阪外環状線鉄道HP
『西吹田駅』ができるのはこのあたり↓

大阪府吹田市南吹田2

(あやさく)

LINEで送る

2016/10/01
ページの上へ