【吹田deおでかけ】アサヒビール誕生の地、吹田。できたてビールの試飲もできる人気の工場見学を紹介します~♪

LINEで送る

「スーパードライ」と言えば「アサヒビール」。

「アサヒビール」といえば「吹田」!吹田市はアサヒビール発祥の地なんです。知ってましたかー??

1891年、吹田の地にアサヒビールの前身である「大阪麦酒株式会社」の醸造所が竣工され、今日まで・・・。

この吹田工場は、アサヒビール発祥の地として、100年以上の歴史がある工場なんです。

P1100305

P1100248工場見学の入り口。ステンドグラスがお出迎え。右のステンドグラスはビールの原料≪大麦・ホップ・水≫がデザインされています。

受付を済ませ、ロビーで待機。

さすが人気の工場見学、待合ロビーにはソファやトイレ、売店など設備が整っていて、清潔です。P1100253

工場見学のロビーの前には手入れの行き届いた芝生の広場が広がっています。

 

時間になり、ホールでビールについてのミニ講座を受けます。

P1100259

座り心地の良いイスに座って、映像を見ながらの講座です。

 

そのあといよいよ、工場見学!

原材料の紹介、ビールの作り方などをパネルなどを使って説明。

P1100268

これが、ビールに欠かせない「ホップ」。実物を触ったり、匂いをかいだりできます。なかなかホップって、見る機会ないですよね。

匂い・・・乾燥した草の香り90%+ほのかなビールの香り10%な、感じでした・・・。

その後、実際の製造ラインを見学します(製造ラインの撮影は不可)。平日だったので、缶にビールを詰め、ふたをかぶせるところ、できたビールを箱詰めするところなどを見学できます。どこの工程も、オートメーション化されており、ほとんど働いている人の姿はありません。機械があっという間に、何百、何千缶ものビールを完成させてました。

P1100274

屋内製造ラインの窓から見える「屋外熟成タンク」

この中タンクの中でビールが熟成されています。この、タンク1本は高さ約23mあり、350缶の缶ビールを1日1本飲んで、4000年かかるだけの量が入っているそうです。4000年って・・・すごい量ってことですね~。

工場内を見学した後は・・・

お待ちかねの試飲タイム!ここで、お庭を見ながら座って試飲できます♪

P1100260

この日、試飲できるのはこの3種類

P1100296

通常は20分間でタンブラー3杯までの制限があります。

20分で3杯か・・・

かこう2

がんばりました!

冬だったら、絶対飲めないと思います・・。

アサヒビールのオススメビールのおつまみ「オコゲスタ」が1袋づつもらえます。ロビーの売店でも販売しているので、おみやげに購入できます。(売店で販売しているもの以外、おつまみの持ち込みはできません)

P1100256

未成年やお子さん、アルコール飲めない人には、アサヒグループの缶ジュースが提供されます。

 

P1100284

一杯目に飲んだ「スーパードライ・エクストラコールド」の凍ってるサーバー。-2℃のキンキンに冷えたスーパードライ・・・絶品です!しかも、無料!おいしすぎる!!

ぜひ、暑い夏に間に足を運んでみては・・・?

 

アサヒビール吹田工場 工場見学

・所要時間・・・90分

・料金・・・無料

・予約方法・・・インターネット、もしくは電話予約<06-6388-1943 ご案内係>

・場所・・・阪急吹田駅JR吹田駅から徒歩10分

・土日も見学ツアーがありますが、製造ラインがストップしている場合があります

・車での来場もできますが、事前に予約が必要です。また、運転される方(自転車を含む)へのアルコールの提供はありません。

 

アサヒビール吹田工場はこちら↓

大阪府吹田市西の庄町1-45

 

(あやさく)

LINEで送る

2014/08/15
ページの上へ